忍者ブログ
人気ブログランキングへ

河野原鉱山 Cu

上郡の鉱山も調べつくして残り僅かとなってきました。
今回は2箇所聞き込み行きました。
まずは河野原から出陣。

現地で聞き込みすると直ぐにあそこじゃ!って反応あり。
明治とは言え比較的新しい鉱山はやっぱり違うなぁ。
偶然鉱山手前に住んでいる方が在宅してて、そこに車止めとけ!ってことで駐車場借りられて詳しいも場所教えてもらえた。
と言っても登ると直ぐに鉱山だった。

少し上がると平地になりズリが散乱してた。
大切坑はコンクリと鉄板で塞がれていました。
上から中覗くと少し水没しているけど空気が流れててどっかと繋がってる感じ。
ここは何人か来られてるみたいで石割った跡ありました。
ズリジロジロ見てると石英が多い、この辺りはどこも石英ばっかりだ。
金銀鉱山のクセで石英ばかり叩いてしまう・・
と一つだけ紫水晶になっているものがありましたので回収。
他は孔雀、黄銅、方鉛、閃亜鉛くらいでした。

少し上部に石垣でできた謎の遺構が。
うーんなんだろう・・

北側に少し進むと上部坑道がありました。
どうやら下側と繋がっているみたいです。
更に20mほど進むと崩れている部分がありました。
スラグがあったので一時期精錬もしていたみたいです。
まぁ小規模にしては綺麗な方です。


続いて楠区へ移動して聞き込み開始。
2軒ほど周ると年配の方で知ってるかもって人が居るとの事で自宅教えて貰い寄ると在宅してらっしゃり詳しく話を聞く。
が、どうやら道が荒れてしまっている上に山はこまいが中腹にあるみたいでイマイチ説明が分からない。
GPSで見るも似た地形が二つあるが目印になるような物がないため厳しい。
絵を描いてもらうがココこういって進んで行って、あそこの周りにある!ってそれだけじゃわかんないっす・・

しかも昭和35年ほどに1回試掘したらしい。
明治の鉱山はそこより離れているとの事。
こりゃ地図持ってきて位置書いてもらわないとムリだなぁってことで説明だけ聞いて一度現地に行ってみる。
現地行くと石英がゴロゴロしているが場所が大雑把なのでさっぱり分からない。
谷が長いためどこら辺にあるのか口頭説明だけじゃわからんw


PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

最新コメント

[02/23 KNIGHT]
[12/24 ハイゼット]
[12/14 ハイゼット]
[01/31 けいすけ]
[01/29 けいすけ]

プロフィール

HN:
モグモグ
性別:
男性
趣味:
廃鉱山の探索
自己紹介:
鉱山/坑道/廃墟/FF14/バイクが記事メインのブログです。
リアルに廃鉱山などの探索仲間募集中です!

リンクフリーです。
質問あればコメントの方にどうぞ。

管理者