忍者ブログ
人気ブログランキングへ

橡ノ木鉱山

去年の10月に行ったのですが記事書くのを忘れておりました。
鉱山手前の池に車を止めて徒歩数分で東のズリに到着。
ズリ上ると蓋のされた竪坑と同じ高さに坑道が2つとその上部に一つ坑道があり上部に向かって露頭があり。
ズリは良いものはがほとんど見当たらなかったが水晶はチョロチョロありました。


しかし採集をするならこちらのズリになるでしょう。
こちらのズリを後にし西ズリへ向かいます。
西へ途中道に90%苔で埋まっておりますが狸掘りがありました。
奥行きがありますがあまりにも小さすぎて人間が入れるレベルではない。
また西へ行く途中に北斜面にシュリンゲージの様な縦掘りの脈を追った物が3穴ほどありました。
そして更に西側へ進むと大きな縦掘りが出てきます。
シュリンゲージに見えます。

この掘り跡がかなりでかいですね、たぶん高さ10Mくらいあります。
この堀跡はこの切り口から30Mくらい西へ延びており、その上部の採掘部は公害対策がされており入れないようになっていましたが、隙間から中を覗くとシュリンゲージになっていました。
たぶんですが、この鉱脈の先が西にある大切坑の位置と同じなので坑道があるかどうかは別として、脈はつながっていると思われます。
また、このシュリンゲージが地表から切れた場所と大切坑口の間には大きな露頭+縦坑の跡「埋没済み」がありましたのでこれを見た上での私なりの見解です。

西のズリが見えてきました。
上部は平地でボロ小屋と、下は石垣作りで綺麗に仕上げられております。
ズリを見ましたがこちらは殆ど石英が入っておらず、見るべきブツはありませんでした。
また大切坑口は画像のように埋もれておりましたがかなりデカイです。
地元の方から聞いた所トロッコがガンガンレールの上を走ってたとの事。
埋もれた大切坑の隣に小さな坑口がありましたので入りましたが中も埋まっていました。
石から見て黄銅鉱を採掘してたのかな?
この大切坑から更に南西へ進むと山へ登る道がありそちらからもズリがこぼれておりましたがこちらはもう石的にも魅力がないため探索はしておりません。


PR

新年一回目の探索

最近あまり探索いけてなかったので和気地区でも見に行ってきました。
2012年に三国鉱山行ったときは坑口になにもありませんでしたが、今回行くと陥没していました。

   
左2012年10月      真ん中と右は今回。
坑口の前にあった土砂が全て坑口の下の坑道へ流れ込んだ様です。





和気鉱山あたりキョロキョロしてると何故か山に向かって水路があるのを見つけました。
普通こんな田舎の山奥に水路があるのはおかしいのでこりゃ公害関係だと思って谷上がるとビンゴ。
まだ見たことないズリでしたがズリはそれほど多くはなく、硫砒が少量。
坑道も入ってみたら10Mほどで行き止まりでしたら2箇所に竪坑がありました。



さらに以前地主の爺さんに教えてもらった無名金山に行こうと思い、谷に入ると以前の谷の隣に入ったようでこちらが本坑でした。
しかしズリはやはり同じで金を含んでいるような感じではなかった。

坑口は大きいが奥行きはこちらも10Mほど。
坑道の上部に石英脈が多く地表側にも石英の露頭が沢山。
これは以前行った隣の谷と同じでした。
しかしここまで掘っているとなるとこれは無名ではなく間違いなく鉱山名がありそうだ。




津山方面探索

時間が有ったので先週津山方面行ってきました。
まずは金堀鉱山に行きl坑口周りを調べてこちらは探索終了。

次に瀬戸鉱山関係?の跡地へ行ってみました。

既に整地されており、坑道の周りは全てコンクリで固められており坑道の斜坑はすぐに水没していました。
ていうか坑道の中に向かって水が流れておりますがこれいいんかいなw


配管が繋がっている反対側も坑道があったみたいで上部に登ってみると水没していますが入り口がありました。
こちらもよく見ると水がどこかへ流れておりました。
ていうかこれいいんか?w

今まで坑道から外へ水を排出している鉱山は多く見てきましたが、中へ水を注ぎ込んでいるのは初めてです。


山の反対側まで進むと変電所跡がありその奥に坑道がありました。
まだ中に入れそうです。

次に金榮へ見物に行きました。

地図と位置が少しずれておりましたが大体合っておりました。
主に銅を採掘していたようですが銅はほぼなし。
カラミは相当量ありました。
硫砒関係の鉱石は使われずに廃棄されておりズリのほとんどが硫砒系でした。


一番下は坑道もありましたが興味なし。
方解石は塊上のものがゴロゴロありました。
この帰りに別の金榮鉱床に行きましたがそちらは特にいいものはなかった。

芋原鉱山 Cr 後谷カドミウム

急遽用事がなくなったので下調べしておいた芋原鉱山行ってきました。
以前ここを探しにお仲間さんと行きましたが発見できず。
先週は再びお仲間さんと反対側の坂本鉱山を探索しましたが発見できず。
前回矢ノ峰の頂上付近に林道が通っているので、上から坂本鉱山は行けるのでは?との事で行ったが林道は荒れておりいけませんでした。
今回はリベンジ兼ねてソロで行く事にした。
事前に林道に石が転がっているのと、荒れている事は分かっていたので食料と飲み物多目、スペアホイール、パンクセット、GS携行缶、整備用工具箱、ジャッキ数本、角材、鉄パイプ、スタック用道具積んで荷物パンパンになりながら新見に突撃。


美しい光景です、標高900メートル付近。
とりあえず前回お仲間さん達と進んだ所まで行き、石を横に動かして進めるだけにする。
その後雨で削られている場所が多数あるが石を撥ねる程度で済んだ。
一番の難関は坂道になった場所でヌカるみつつ雨の傷跡がある場所があり、そこだけ手前の平場からスピード出して勢いで登ること ×3回。
前回の場所から約1kmちょい程で謎の小屋に到達。



何の作業小屋でしょうか?
お風呂場やトイレなどありました。
不思議な小屋ですが、よく見るとゴミ捨て場みたいになっています。
良く分からないけど見える範囲にずっーと獣除けのワイヤーが上下に3本ほど張ってあります。
更に南東部の頂上には写真こそありませんが8tくらいのバスと小屋がありました。
このバスが通れる道幅を作ったんでしょうか3~4Mくらい。
坂本鉱山のために行き止まりまで進めないかと思い進んでみましたが、150M程で完全に木が生茂っており進行不可能でした。
来た道を戻って目的の場所に着いて車止めて回り見るとさっきのゴミ捨て場の所から獣除けのワイヤーがまだずっと張ってありました。



60Mほど下るとすぐに見つけました。
坑口は崩落しておりました。
場所は頂上付近なので高低差ありすぎてこりゃとてもじゃないけど下からはこれませんね。

帰りに鳥取の後谷鉱山寄って行きました。
坑内探索して満足した後ズリ割りしてたら大きい硫カドミウム採集できました。
ここでは小さいものしか採ってなかったので満足です。





佐伯鉱山 Cu

和気の文献みてたら何度か出てくる鉱山だったのですが場所が分からないし、硫砒なので興味なかったのですが地図見てると載ってたので行って来ました。

道に幾つか怪しい場所がありましてこの谷かなーと思って上がっていくとビンゴ。
突き当たりも石垣が怪しかったけどそこまで調べる気も無し・・

かなりの藪で下から山は全く見えないけど上がっていくとズリが流れており少し上がると坑口。
坑口前もそうだけど坑道も落盤しているみたいです。
たぶん角天坑。
ここで硫砒鉄鉱の良い物があったので鉱石を袋にだけ詰めて帰りに拾うようにその場に置いていく。

上がっていくと広場。
東側から上がってきたのですが北側はすごい斜面です。
南側をよく見るとミラクルオーバーハングしている下に坑口があった。
崩れていてすんげぇ坑口だ危なくてとても近寄れない。
この落ちてきそうな石どんだけデカイんだよw

一応正面側に見える本坑の方は土嚢で塞いである。
入り口周りは埋まってこそいるが石を組んである。
山神坑か角大坑だろう。


すぐ左下にも坑口がある。
中が良く見えないけど腐った支柱の様な物が見える。


少し離れた場所にも穴。
山に向ってではなく、真横に向ってる掘っているので何かを保管していたのかな。
ここで少し迂回して進むと谷があった。
ピーンといつもの勘が働いたので登ることに。

40mほど登ると崩れた跡。
更に上部に向って捨石がゴロゴロしているので更に上がる。


少し広場になり下の広場と同じくらい大きな坑口があった富喜坑かな。
周りが脆くとても中覗ける感じではないので離れて撮影。
ここが中腹より少し上くらいで更に上にも捨石みたいな物がある様に見えたが頂上までまだ100m以上あり硫砒にそこまで求めてないのでここで撤退。

この鉱山硫砒とはいえ昭和29年に17t出荷して休山と記載がある割にはかなりボロボロだなぁ。
ズリは最初の上がりの途中が一番ある様に感じました。




カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

最新コメント

[02/23 KNIGHT]
[12/24 ハイゼット]
[12/14 ハイゼット]
[01/31 けいすけ]
[01/29 けいすけ]

プロフィール

HN:
モグモグ
性別:
男性
趣味:
廃鉱山の探索
自己紹介:
鉱山/坑道/廃墟/FF14/バイクが記事メインのブログです。
リアルに廃鉱山などの探索仲間募集中です!

リンクフリーです。
質問あればコメントの方にどうぞ。

管理者