忍者ブログ
人気ブログランキングへ

CB750F 再 エンジン調整 完

以前の記事である3回目の組みなおし後、エンジンを車体に載せて10分後約80℃オイル漏れ。
ベースガスケットからプシュプシュ漏れてます。
ありゃーまたかぁ~と落胆するもこれは当然の結果だという思いもあった。

1回目の油漏れの後シリンダーにOリング溝切ってない方の記事を参考にOリング入れて結果的には油漏れは止まった。
900化してシリンダーにOリングの溝を切ってないのにOリング入れる必要があるのか疑問だがその方もOリングを入れることに疑問を持ってらっしゃった。

純正ベースガスケットはシリンダーのOリングよりも薄く0.5ミリだ。
当然溝がないのでOリングは嵌る場所もないため、ヘッド締めつけによって多少潰れるが0.5ミリより薄くなることはない。
普通に考えると隙間ができる為漏れて当たり前だ。
整備に携わって無くても分かる事だろう。
むしろOリングを入れた2回目はなぜ漏れなかったのかが疑問なほどに。


事の始まりはこうだ。
一番最初に900を組んだ時は純正+赤ボンドでのセットだったがこれだとスタッドボルト周辺からの油漏れが出た。
整備ではパッキンやクリンケットに赤ボンドやグリスを塗るのはセオリーに近い。
特に油や水に直接触れる部分やそのラインでは必須作業とも言えよう。
これで漏れて辛かったため今回は最初からOリング入れたら結局漏れた、漏れて当然だけど。

そして今回で900を組むのは4回目だ。
今回はベースガスケットに純正ガスケットを使うのを止めた。
市販の汎用ガスケット0.8ミリを使用して厚みを持たせOリングなしで赤ボンドとセットで組むことにした。
私はチマチマした作業がスキではないためガスケットは純正の型通りに汎用品を嫁ちゃんに切り抜いて貰った。
切り抜いて貰った後組み付けて綺麗に赤ボンドを塗りヘッドを組みつけて1日置いておく。

後日車体に組み込み試運転すると気持ちよく回った。
少し近所走ってクラッチ調整してその後帰宅して100度くらいになるまで放置して再度チェックしても漏れていない。
キャブのセッティングなんですが現在95の75だったのですが90の75に落として濃い目で様子見です。

そして明日から四日市市に出張です。
再来週からは徳島に出張です。

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

最新コメント

[10/22 かみ]
[05/20 KNIGHT]
[02/23 KNIGHT]
[12/24 ハイゼット]
[12/14 ハイゼット]

プロフィール

HN:
モグモグ
性別:
男性
趣味:
廃鉱山の探索
自己紹介:
鉱山/坑道/廃墟/FF14/バイクが記事メインのブログです。
リアルに廃鉱山などの探索仲間募集中です!

リンクフリーです。
質問あればコメントの方にどうぞ。

管理者